井真成とは

西暦699年生まれの日本人。遣唐使船で中国に留学、西暦734年に中国で亡くなりました。
「井」が姓、「真成」が名で、日本では「い の まなり」。中国では「せい しんせい」と呼ばれています。

西暦717年、19歳で遣唐使の一員として、阿倍仲麻呂らと一緒に唐(現在の中国)に渡りました。西暦734年に唐の都・長安(現在の中国・西安)で亡くなった後は、多くの遣唐使員と同様に脚光を浴びることなく現在に至っていました。

ところが西暦2004年、西安の地中より井真成の墓誌が見つかり、一躍脚光を浴びる事になったのです。
井真成の墓誌


墓誌には「優秀な人物で皇帝から高い位が贈られ盛大な葬儀が行われた」と記されています。具体的には「尚衣奉御」という官位を贈られています。この「尚衣奉御」という官位は、皇帝の衣服を管理する官職の長で皇帝にかなり身近な立場にある高い位です。皇帝は楊貴妃とのロマンスで名高い、玄宗皇帝です。

墓誌から、玄宗皇帝から高く評価され特別な官位を贈られるほどの優秀な人物であったことがわかります。

また発見された墓誌には井真成の出身国が「日本」と記されており、現存する「日本」の文字として最古のもので、歴史的価値が非常に高いものです。この事が井真成が大きく注目されている理由でもあります。

↑ページトップ